01/13やったこと

kenkoooo.hatenablog.com

AtCoder

E - Sorted and Sorted

よくある最終状態を考えるパターンだが、最終状態の全てを考えることができなかったとしても、一部から考え始めて広げることができるのは面白かった。

Submission #9494081 - AtCoder Regular Contest 097

F - Enclosed Points

全く何から手を付けて良いか分からなかったが、解法は非常にシンプルで面白い。

Submission #9491578 - AtCoder Beginner Contest 136

第二回全国統一プログラミング王決定戦予選 E - Non-triangular Triplets

解法

とりあえず 2N ... 3N-1 は c に割り当てる。

 a_{i+1}+b_{i+1}=a_{i}+b_{i} + 1というようにできるとよい。ここで、 a_{i+1}=a_{i}-1, b_{i+1} = b_{i}+2 としたいが、これだけでN要素は作れないので、前半と後半に分けて別々に構築する。

コード

fn main() {
    let (r, w) = (std::io::stdin(), std::io::stdout());
    let mut sc = IO::new(r.lock(), w.lock());

    let n: usize = sc.read();
    let k: usize = sc.read();

    let prefix = (n + 1) / 2;
    let suffix = n / 2;

    let mut a = vec![0; n];
    let mut b = vec![0; n];
    for i in 0..prefix {
        a[prefix - 1 - i] = k + i;
    }
    for i in 0..suffix {
        a[n - 1 - i] = k + i + prefix;
    }
    for i in 0..prefix {
        b[i] = k + n + i * 2;
    }
    for i in 0..suffix {
        b[i + prefix] = k + n + i * 2 + 1;
    }

    let mut ans = vec![];
    for i in 0..n {
        let a = a[i];
        let b = b[i];
        let c = k + n * 2 + i;
        if a + b <= c {
            ans.push((a, b, c));
        } else {
            println!("-1");
            return;
        }
    }

    for (a, b, c) in ans.into_iter() {
        sc.write(format!("{} {} {}\n", a, b, c));
    }
}

pub struct IO<R, W: std::io::Write>(R, std::io::BufWriter<W>);

impl<R: std::io::Read, W: std::io::Write> IO<R, W> {
    pub fn new(r: R, w: W) -> IO<R, W> {
        IO(r, std::io::BufWriter::new(w))
    }
    pub fn write<S: std::ops::Deref<Target = str>>(&mut self, s: S) {
        use std::io::Write;
        self.1.write(s.as_bytes()).unwrap();
    }
    pub fn read<T: std::str::FromStr>(&mut self) -> T {
        use std::io::Read;
        let buf = self
            .0
            .by_ref()
            .bytes()
            .map(|b| b.unwrap())
            .skip_while(|&b| b == b' ' || b == b'\n' || b == b'\r' || b == b'\t')
            .take_while(|&b| b != b' ' && b != b'\n' && b != b'\r' && b != b'\t')
            .collect::<Vec<_>>();
        unsafe { std::str::from_utf8_unchecked(&buf) }
            .parse()
            .ok()
            .expect("Parse error.")
    }
    pub fn vec<T: std::str::FromStr>(&mut self, n: usize) -> Vec<T> {
        (0..n).map(|_| self.read()).collect()
    }
    pub fn chars(&mut self) -> Vec<char> {
        self.read::<String>().chars().collect()
    }
}

01/12やったこと

kenkoooo.hatenablog.com

AtCoder

D - Game on Tree

これは非常に難しかった。帰納法Grundy 数を求めるところまで行ったのに、あと一歩が出なかった。

Submission #9436745 - AtCoder Grand Contest 017

E - Connected?

これも解けなかった。2次元幾何を頑張るように見えて、実は単純な実装で終わる面白い問題だった。

Submission #9436201 - AtCoder Regular Contest 076

01/05やったこと

kenkoooo.hatenablog.com

AtCoder

C - ABland Yard

atcoder.jp

アイディアの正当性を示すのは非常に難しく感じる。実装はシンプル。

atcoder.jp

F - Minimum Bounding Box

atcoder.jp

解法は簡単だが、実装をいかに簡単にするかというところで工夫が要る。

atcoder.jp

C - Remainder Game

atcoder.jp

あと一歩で分からなかった。

atcoder.jp

E - Antennas on Tree

atcoder.jp

解法はかなりシンプルで面白かった。

atcoder.jp

D - 桁和 / Digit Sum

atcoder.jp

鬼のような場合分けが必要になりそうな気がしたが、そんなことはなかった。

atcoder.jp

01/04やったこと

kenkoooo.hatenablog.com

AtCoder

昨日やり残した問題もまとめて片付ける。

D - Snuke Numbers

atcoder.jp

解説読んでも難しい。実験からのエスパーでゴリ押したが……

atcoder.jp

E - キャンディーとN人の子供 / Children and Candies

atcoder.jp

一見すると複雑そうに見えるが、誘導に従って解くと、実は問題分に書いてあることを素直に実装するだけ。

atcoder.jp

C - ABland Yard

atcoder.jp

難しかった。解説を読むと納得できる。

atcoder.jp

D - K-th K

atcoder.jp

直感的な解法がそのまま解になっている問題だった。

atcoder.jp

C - Swaps

atcoder.jp

難しかった。サイクルが1つだけだとNoになるというところまで出ていたが、サイクルを分割しても良い場合があるのに気付かなかった。

atcoder.jp

B - Holes

atcoder.jp

一見すると複雑そうだが、図を書いてみると一発で分かる。(1.00000002).acos() が NaN になるというのでだいぶハマった……

atcoder.jp

F - Lotus Leaves

atcoder.jp

最小カットそのもの。

atcoder.jp